法律事務所のアシスタントの求人は内容を見て

法律事務所でアシスタントの求人を出しているのをしばしば見かけますが、法律事務所のアシスタントとは具体的にはどんな仕事をしているのか気になるところですね。
法律事務所のアシスタントと言っても、実際は、弁護士やそのほかの事務員に支払う給与や小口現金管理などの総務・庶務的なことをする場合もあります。

弁護士法人 つくし法律事務所の情報ならこちらにお任せ下さい。

法的なことについてのアシスタントとなったとしても、もちろん法律に詳しければそれに越したことはありませんが、弁護士が作った書類をまとめて相手先に発送したり、資料を集めたりといった仕事が多くなりますので、必ずしも法律について詳しくなければいけないわけではありません。

書類の作成なども、法的なものは基本的には弁護士資格が必要ですので、誤字脱字チェックをする程度で、自分で作るということはほとんどないでしょう。

ただし、付随的に法的な書類や手続きに触れる機会も多くなりますので、弁護士を志して勉強中の人や、司法書士試験を受験予定の人などが応募する傾向があるようです。

中には、弁護士と共に依頼者の話を聞き、議事録を作成したり、テープおこしをする人もいます。忙しい弁護士の場合は、秘書のようにスケジュール管理や来客、電話対応をする場合もあるでしょう。

つくし法律事務所情報をお伝えします。

このように、一口に弁護士事務所のアシスタントと言っても、内容は多岐にわたりますので、求人の内容をよく確認し、自分ができる範囲のことかどうか、自分がやりたい内容での募集かどうかを確認しましょう。